大人ニキビになってからでは遅い!大人ニキビの原因とオススメ成分

金曜日 , 10, 2月 2017 Leave a comment

大人ニキビの原因は生活習慣が乱れることです。大人になると職場の付き合いなどで飲みに行くなど、不規則な生活になりやすいです。暴飲暴食や睡眠不足などは皮脂の分泌を促進して肌のターンオーバーのサイクルを乱します。皮脂の分泌が多いだけの思春期ニキビならばターンオーバーによってニキビを早く治すことができますが、大人ニキビではターンオーバーも遅れがちなのでなかなか治りません。
そのような大人ニキビを治すのにおすすめなのが、サプリを服用することです。体の内側からケアすると、肌の調子も良くなりやすいです。おすすめの成分は、ビタミンCとビタミンB群、亜鉛です。ビタミンCは美肌の基本で、皮脂の分泌量をコントロールします。
またコラーゲンの生成を促進するので、ニキビ跡対策にもなります。ビタミンCは果物や野菜などからも摂取できますが、体内では生成できないので毎日摂取する必要があります。大人になってタバコを嗜み始めた人は、タバコによってもビタミンCが消費されるので非喫煙者よりも多く摂取します。食事では補えない人はサプリでの摂取が好ましいです。ビタミンB群ではビタミンB2が脂質の代謝を促進して余分な脂肪が皮脂として毛穴から分泌するのを防ぎます。ビタミンB6はターンオーバーを促進する効果があります。
ビタミンB群はビタミンCと同じ水溶性ビタミンなので、少し摂り過ぎても尿として排出されるので副作用の心配はほとんどありません。亜鉛は細胞の新陳代謝に関係しており、不足するとニキビが悪化しやすくなります。
亜鉛はミネラルの一つで、ビタミンCと摂取すれば吸収率がアップします。
日本人は亜鉛の摂取量が少ないので、通常の食事では不足している人が多いです。さらにアルコールを処理する時に亜鉛が使われるので、お酒が好きな人は意識して摂取します。亜鉛は過剰摂取するとめまいなどの副作用の危険性があるため、サプリを飲む時は用量を守ることが大切です。
二の腕のぶつぶつ肌荒れでお悩みの方はこちら

Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です