ニキビ跡を治す方法を考える前に、まずニキビ跡の種類を覚えておく事が大切です。
ニキビ跡のひとつが、色素沈着です。
この跡は、赤く残るものと、茶色っぽい色で残るものがあります。
赤く残るものは、毛穴の中に細菌が繁殖し、炎症を起こした時に、その炎症を抑える為に多くの毛細血管がその部分に集中した事によって出来るものです。
この状態は、時間が経てば自然に解消されていきますが、落ち着くまでの間、目立つ事になります。
少しでもこの状態を抑えたいと考えるのであれば、赤く炎症を起こしたニキビが出来た時点で、炎症を抑える効果のあるニキビ薬等を浸かっておく事が有効です。
もう一つ、茶色く残る跡の場合、ニキビが出来た事や、炎症が起きた事によって毛穴周辺がストレスを感じた場合に発生するメラニン色素が原因となっています。
このメラニン色素を発生させたくなければ、早い段階でニキビを治すようにしておく事がおすすめです。
ニキビの中でも初期段階とされるのが、毛穴の中に皮脂や剥がれた角質が詰まって、角栓になった状態です。
皮膚の表面が少し膨らんだ状態の、白ニキビと呼ばれる段階で、アクネプッシャー等を使ってこの角栓を取り除いておくだけでも、早く治る事になります。
赤色でも、茶色でも、色素沈着による跡が出来てしまった場合、まずしておきたいのが新陳代謝を高める事です。
新陳代謝を高める為に有効な方法のひとつが、ビタミンC誘導体が配合された化粧水でケアをする方法です。
ビタミンCには肌の中のコラーゲン生成を促す働きがあり、新陳代謝を高めてくれる効果を期待出来ます。
新陳代謝を高める為には、睡眠中に多く分泌される成長ホルモンも必要になってきます。
ですから、夜はしっかりと眠るようにしておく事で、肌の新陳代謝を活発にして、短期間で色素沈着を改善していきやすい状態を作る事が出来ます。
色素沈着によるニキビ跡は、発生を防ぐ事、出来てしまった場合、新陳代謝を高める事が大切です。

大人ニキビの原因は生活習慣が乱れることです。大人になると職場の付き合いなどで飲みに行くなど、不規則な生活になりやすいです。暴飲暴食や睡眠不足などは皮脂の分泌を促進して肌のターンオーバーのサイクルを乱します。皮脂の分泌が多いだけの思春期ニキビならばターンオーバーによってニキビを早く治すことができますが、大人ニキビではターンオーバーも遅れがちなのでなかなか治りません。
そのような大人ニキビを治すのにおすすめなのが、サプリを服用することです。体の内側からケアすると、肌の調子も良くなりやすいです。おすすめの成分は、ビタミンCとビタミンB群、亜鉛です。ビタミンCは美肌の基本で、皮脂の分泌量をコントロールします。
またコラーゲンの生成を促進するので、ニキビ跡対策にもなります。ビタミンCは果物や野菜などからも摂取できますが、体内では生成できないので毎日摂取する必要があります。大人になってタバコを嗜み始めた人は、タバコによってもビタミンCが消費されるので非喫煙者よりも多く摂取します。食事では補えない人はサプリでの摂取が好ましいです。ビタミンB群ではビタミンB2が脂質の代謝を促進して余分な脂肪が皮脂として毛穴から分泌するのを防ぎます。ビタミンB6はターンオーバーを促進する効果があります。
ビタミンB群はビタミンCと同じ水溶性ビタミンなので、少し摂り過ぎても尿として排出されるので副作用の心配はほとんどありません。亜鉛は細胞の新陳代謝に関係しており、不足するとニキビが悪化しやすくなります。
亜鉛はミネラルの一つで、ビタミンCと摂取すれば吸収率がアップします。
日本人は亜鉛の摂取量が少ないので、通常の食事では不足している人が多いです。さらにアルコールを処理する時に亜鉛が使われるので、お酒が好きな人は意識して摂取します。亜鉛は過剰摂取するとめまいなどの副作用の危険性があるため、サプリを飲む時は用量を守ることが大切です。
二の腕のぶつぶつ肌荒れでお悩みの方はこちら


アミノ酸は大人ニキビと深い関係があります。アミノ酸は人の体が生きていく上で重要な成分です。それが不足してしまうと、あらゆる臓器や器官に悪影響を及ぼします。人の体は水分と脂質・タンパク質、そして無機質から出来ています。無機質は骨などを構成するミネラルやカルシウム、タンパク質は体全体の臓器や筋肉を構成しています。このタンパク質を構成しているのが、アミノ酸です。

さらに細かくすると、細胞を構成しているのはタンパク質・酵素・脂質・DNAで、このなかのタンパク質と酵素はアミノ酸から作られます。こうして見ると、この成分は体を作る上での基本要素といえます。大人ニキビもアミノ酸が不足することで発生する場合があります。皮膚のバリア機能が低下しアクネ菌を抑えられなくなり、ニキビの炎症が悪化しやすくなることで大人ニキビが痕となって残ってしまいます。

アミノ酸は代謝のリズムを整える働きがあり、約28日の周期で代謝を繰り返し古い細胞を新しく変換します。この代謝がきちんと行われることで、大人ニキビによってダメージを受けた皮膚の凹凸を修復する作用があります。また保湿成分のヒアルロン酸や、皮膚のハリや弾力を保つのに重要な働きをするコラーゲンの材料となります。これらの成分が不足してしまうと皮膚は乾燥し、ハリや弾力も失われてしまいます。

そのほかにアミノ酸は皮脂の分泌量を調整してくれる作用があり、大人ニキビが発生する原因のひとつ過剰な皮脂の分泌を抑えます。十分なタンパク質を摂ることによって、皮膚のターンオーバーや皮脂の代謝リズムを整えられます。

女性の場合、1日に必要なタンパク質は体重1kgに対して、1.2gから1.5gです。そのなかでも体内では作ることが出来ない、リジンやロイシン・イソロイシンなどの9種類の必須アミノ酸は、きちんと食事で摂ることが大切です。それでも食が細い方などは、サプリなどで摂ることをおすすめします。

頭皮ニキビでお悩みならこちらをご覧ください

ダイエットで二の腕を細くしたいという人もいるでしょう。しかし、二の腕というのは自己流ダイエットの効果が出にくいとされており、なかなか細くできなくて悩んでいる人もいるかもしれません。ラジオ波はセルライトの除去に高い効果があると評判なのですが、エステサロンでも痩身の施術などで利用されています。ラジオ波を照射すると体内の分子が細かく振動しますし、その振動が熱を発生させることで細胞の奥深くから温めることができるのです。体が温まることで脂肪は液状化してしまいますし、老廃物となって体外に排出されるのです。また、熱を発生させることができるため、細胞組織の活性化が促進されます。体温は1度上がると免疫機能がかなり改善すると言われていますが、ラジオ波の場合は部位によっては体温を7度以上上げることもできるため、高い効果を期待できることが分かるでしょう。ラジオ波はダイエットだけでなくアンチエイジングや生活習慣病の予防などにも役立つとされています。美容や医療などの分野で広く利用されているため、安全性の高い施術と言えるでしょう。体に悪影響が出てしまうことはありませんし、安全に二の腕ダイエットができる方法なのです。ラジオ波で二の腕ダイエットを行う場合、まったく副作用がないというわけではありません。悪い影響が出てしまうことではありませんが、使用するマシンによっては金属アレルギーが起こってしまうこともあるのです。しかし、金属アレルギーの人はラジオ波によるダイエットが全くできないというわけではありません。事前に金属アレルギーが出てしまうことが分かっている場合、使用するマシンに気を付ければ良いのです。金属アレルギーになりやすいのはニッケルやクロム、亜鉛、マンガン、銅などであり、それ以外の金属が使用されているマシンを選ぶと良いでしょう。ちなみに、安全なラジオ波でも妊婦への使用はできないということなので注意しましょう。